3,321 物件入札可能!

このサイトについて

この度は、競売公売.comへお越しいただき誠にありがとうございます。競売公売.com は、不動産(競売・公売・国有財産売却物件)をまとめて検索・閲覧ができるサービスです。

情報はすべて国(裁判所・官公庁)が一般公開しているものです。物件閲覧ページには出典を明記しておりますので、詳細は各運営団体にお問合せください。 当サイトのコンテンツが不正確・不完全であることが原因で発生した損失や損害について、運営者は一切の責任を負いかねます。

掲載情報の訂正や削除については早急に対応いたしますので、運営者までご連絡ください。

ご意見・ご要望はこちら

ご利用規約

競売公売.com は、下記のご利用規約を承諾いただいた方にのみ提供させていただくサービスです。 従いまして、利用者の皆様は、競売公売.comをご利用することで下記の規約に承諾していただいたこととみなさせていただきます。

第1条(規約の適用)

  1. この競売公売.com利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、競売公売.comが提供するWeb情報よって提供される各種インターネットサービス(それらを総称して以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されます。
  2. 本規約とは別に競売公売.comが別途定める利用規約及び諸規定(以下、「諸規定」といいます。)は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合には、当該諸規定の内容が優先して適用されるものとします。
  4. 競売公売.comが、本サービスを利用する者(以下、「利用者」といいます。)に対して発する第3条所定の通知は本規約の一部を構成するものとします。

第2条(規約の変更)

  1. 競売公売.comは利用者の了解を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の競売公売.com利用規約によるものとします。
  2. 変更後の規約は、競売公売.comが別途定める場合を除き、競売公売.comのWebサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第3条(競売公売.comからの通知)

  1. 競売公売.comは、競売公売.comのWebサイト上での掲示や電子メールの送付、その他競売公売.comが適当と判断する方法により、利用者に対し、随時必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、競売公売.comが当該通知を競売公売.comのWebサイト上又は電子メールで行った場合は、Webサイト上に掲示し、又は電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。

第4条(ご利用料金)

競売公売.comは、すべて無料でご利用いただけます。

免責事項

運営者は、当ウェブサイトに記載された情報について細心の注意を払っておりますが、技術上不正確な記載や誤植を含む場合があります。このような場合において、その情報が不正確であったことおよび誤植があったことにより生じたいかなる損害、不利益等に関しても、たとえ運営者がその損害や不利益発生の可能性をあらかじめ通知されていた場合であっても、運営者はいかなる責任も負いません。

運営者は、当ウェブサイトに記載された情報について細心の注意を払っておりますが、当ウェブサイトに記載された情報の妥当性、ご利用目的への適合性、安全性について保証するものではありません。これらに起因して生じたいかなる損害、不利益等に関しても、たとえ運営者がその損害や不利益発生の可能性をあらかじめ通知されていた場合であっても、運営者はいかなる責任も負いません。

運営者は予告なしに当ウェブサイトの掲載内容を変更・削除、また、当ウェブサイト自体の運営を中断又は中止させていただくことがあります。これらの変更、削除、中断、中止により生じたいかなる損害、不利益等に関しても、たとえ運営者がその損害や不利益発生の可能性をあらかじめ通知されていた場合であっても、運営者はいかなる責任も負いません。

当ウェブサイトは、運営者が維持するもの以外のホームページにリンクされている可能性があります。運営者はそのようなホームページあるいはその内容を推奨するものではなく、いかなる責任も負いません。

運営者は、ご利用者が当ウェブサイトをご利用中に発生した下記の損害・不利益等についていかなる責任も負いません。

  1. 当ウェブサイトのご利用に起因し、ソフトウェア・ハードウェア上に生じた事故、コンピュータウィルスによる汚染、データの滅失・毀損等の損害や不利益等。
  2. ご利用のご利用者間あるいはご利用者と第三者間において生じたトラブル等による損害、不利益等。
  3. ご利用者からのメールや資料請求等がインターネット上の不具合・事故等により着信しなかった場合に生じた損害、不利益等。
  4. その他当ウェブサイトのご利用によって発生した一切の損害、不利益等。

(2015年7月1日制定)

競売物件とは

競売(けいばい または きょうばい)物件とは、裁判所が 債務不履行で差し押さえられた不動産を、競売によって売却する物件のことをいいます。 その多くは、借入金やローンの返済ができないなどの理由により、 債務の履行ができなくなった不動産物件です。

その不動産を最低売却価格以上の最高値で落札するシステムのことを「競売」と言います。 競売の最低入札価格は、裁判所から委嘱された不動産鑑定士が決定(売却基準価額)し、通常市場価格よりもかなり低く設定されます。 裁判所は、一定期間を定め該当物件の入札を受け入れ、その入札の中から最も価格の高い入札をした者に物件が落札されます。 入札は個人、法人を問わず保証金(売却基準価額の20%)を裁判所に支払えば誰でもできます。

期間内に入札がなかった場合、特別売却となり先着順での落札となります。 さらに特別売却でも売れなかった場合、査定を再度行い、最低売却価額を下げて再び期間入札が行われます。 この繰り返しは現状3回が限度で、3回競売にかけて売れなかった不動産は、裁判所が債権者に対し競売中止の通知を出すことになっています。

公売物件とは

公売とは、国税を滞納したことにより、国税局や税務署が差し押さえている不動産等を、入札等の方法により売却する制度です。 入札の方法による公売では、見積価額以上の金額で入札し、その中で最も高額で入札された方に売却されることになります。 公売も、原則として誰でも参加できます。

競売物件との違いは、競売物件は裁判所が管轄するものであるのに対し、 公売物件は各地方団体・国が管轄するものであるという点です。 また、競売物件は債務不履行により差し押さえられた不動産であるのに対し、 公売物件は税金の滞納のために差し押さえられるという点が異なります。

入札資格を得るためには事前の参加申込が物件ごとに必要で、参加申込した人だけが入札可能です。

ご意見・ご要望はこちら